Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cewildcat.blog91.fc2.com/tb.php/51-7752ea34

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

キリリク上がりました。

【山猫】っしゃー。あがりぃ!
【梨里】何が?いきなりすぎて何の事か分からないんだけど。
【山猫】いや、公約どおりキリリクのSSを第3期放送終了までに書き上げただけだけど。
【梨里】…はや!…たしかに上がってる。
いや、いくらなんでも早すぎでしょ?いつものペースならこれくらい書くのにも、書き始めから2、3日はかかるのに。
【山猫】否定はしない。
【梨里】いや…せめて口先だけでも否定して…。
【山猫】まあまあ。とりあえずあとがき(?)行こうと思う。
【梨里】はいはい…。


というわけでかなり時間が空きましたが、キリリクを書きました。
え?本編?いや、順調に構想は固まってますよ。
書き始めるのがいつになるのかは分かりませんが。
はい。いつもどおり投石の洗礼ありがとうございます。あー、血ぃ出てきたんでそろそろ止めてください。

今回の話を書くにあたって1番苦労したのはリインフォースの言葉づかいや、ラルクの呼び方とかですね。
正直書いてて自分でも混乱してきました。

…ここだけの話、この話は後で読み返さない方が良いかもしれませんね。絶対後悔して書き直したくなる。で、さらに駄作の深みに…(あかんやん。

そんなに書いてないですが、ここいらで最後の一言を。
決して山猫はザフィーラが嫌いなわけではありません。あしからず。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cewildcat.blog91.fc2.com/tb.php/51-7752ea34

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

紅い瞳の山猫

Author:紅い瞳の山猫
ダラダラと怠惰的に、でもそこそこ頑張ってラノベ書きになる日を夢見てます。
…でもきっと将来は会社員しながら同人小説書きになってます(もう挫折してんのかよ!?)

ニコニコミュ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。