Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cewildcat.blog91.fc2.com/tb.php/38-a6dfa036

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やっと出来ました。

【山猫】出来たー…。
【梨里】何が?ゲームのコンプ?
【山猫】そうそう。あのキャラのCGが1枚見つからなくて…、って違うわぁ!人をエロゲ廃人みたいに言うな!あのなぁ…
【ミラ】え?違ったんですか?
【山猫】まあ、否定はしな…、ってしつこいよ!○本○喜劇のノリじゃねぇかこれ。みんなどうした?なんか変だぞ。
そうじゃなくて、小説の第4話。
【梨里】おー、ようやく出来たんだ。
【山猫】というわけで、以下あとがき(?)

はい、というわけで、滅茶苦茶時間使ったわりに、なんというかグダグダな変な文章になってしまいました。
軽く自信喪失しそうです…orz
って言ってもやめる気は毛頭無いですけど。
やっぱり先日の即売会の空気が忘れられないみたいで。
一般にしろ、サークルにしろ、また参加したいですしね。
いつかは、俺もサークル参加の予定を!…出来たら良いなぁ(ぉ

あんまり近辺状況を話すのもなんなので、小説の話を。
まず、第一に言えるのが、ラルク君ケーキ食い過ぎ(笑)
結局この人はこの話の中で何個のケーキを食べたんでしょうか?
それは山猫でも分かりません。
…あれ?でもこれって自分のことでもあるような気が…。
1度で良いから、財布を気にせずにケーキとか喰いまくってみたいです。

さて、今回の話で結構大きめなバックグラウンドが出てきましたが、皆さんついてきてますか?
えっと、とりあえず質問とかも受け付けますんで、答えても問題無い範囲でなら答えますよ。
回答不可と言われたら、「あ、物語の重要な部分だったんだな。」とか思っといてください。…たまに他の理由もありますけど。

それでは、次回はどうなる事やら。その前に特別企画を終わらせないと…(滝汗)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cewildcat.blog91.fc2.com/tb.php/38-a6dfa036

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

紅い瞳の山猫

Author:紅い瞳の山猫
ダラダラと怠惰的に、でもそこそこ頑張ってラノベ書きになる日を夢見てます。
…でもきっと将来は会社員しながら同人小説書きになってます(もう挫折してんのかよ!?)

ニコニコミュ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。